投資用マンションでラク生活【お金吸いとりまっション】

破綻寸前にある

豊かで苦労知らずの老後は、私設年金が握っているといって間違いないでしょう。元々、国に支払う厚生年金は、定年を迎え第二の人生を安心して迎えられる一つの準備に過ぎません。国民の義務なので、支払わないという選択もありませんし、仮に放棄すると老後が心配です。外見だけ見ると、非常に優れた日本らしい制度も裏を返せば泥沼化されているのです。そのような状況で、将来安泰の生活が国民年金で送れるかと聞かれればそれは無理といって間違いないでしょう。高齢化社会と言われる日本は、働く4世代で一人の高齢者を支えています。医療機関の発達と共に、昔と全く環境が異なっています。不治の病と言われる疾患も、今なら何不自由なく完治出来るのです。そのような環境にいれば高齢者はもっと増えていくでしょう。ある調査によると、老後に必要なお金は少なくても20万以上は余裕をもたせなくてはいけません。何もせず、ただご飯を食べるようなシンプル生活なら余裕があるかもしれませんがこれから生まれてくる孫や二人の時間がもてる旅行が出来るかどうかと言われると微妙な感じです。決して明るい老後とは言えないでしょう。

定年を迎え、自分の生活基盤が出来ると自由なお金も必要になります。ただ、今の現状を見る限りでは明るい老後は難しいといっても過言ではなく今のうちに対策を練る必要があります。例えば、今若い人を中心に注目を集める私設年金は、公的な年金では生活できない部分をカバーする為に生まれた保証になります。簡単に言うと、国を当てにせず自ら年金を作ることになりますので満足のいく金額が貰えない不安感はどこにもありません。代表的なのが投資です。株や競馬だと、高いリスクがありますが不動産を活用した私設年金なら、形に残りますので資産にもなるでしょう。安定した収入が毎月入るなど、不安な中生活を続けることがないのです。私設年金効果のある投資を始める場合は信頼出来るパートナーを探し、初心者に向けられたセミナーへ積極的に参加していけばある程度に知識も身につきますし、良さを知ることが出来るのです。